読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

思想史WS's blog

飯田市歴史研究所思想史ワークショップ 随時参加者募集中

丸山真男 『軍国支配者の精神形態』⑤

2013/5/1

丸山真男 『軍国支配者の精神形態』5回目

「三 日本ファシズムの矮小性ーその一」を読み合わせました。
 
東京裁判の被告の千差万別の自己弁護の二つの大きな論理的鉱脈
  • 既成事実への屈服
  • 権限への逃避
公な場では物事を受け入れ、個では愚痴を言う、赤信号みんなで渡れば怖くない...など組織の中でよく起こる事柄。ムラ社会の中の個人はどう思い、どう行動するか。またその責任の取り方はどうあるべきか。
 
既成事実への屈服については、行政や学校現場、東大紛争、東電、アベノミクス、町内会の会議にまで話が及びました。